まいどっ!

雑貨屋店主「ごん太」の日々のつぶやき・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック!更新記事、消してしもた!乳頭温泉郷、その1

 かないまへんな~
コンピューターはんには?。。。

更新記事、消してしもて、ふてくされてました。

もうだいぶ記憶が薄れそうなもんですが
乳頭温泉郷は薄れません。
「エガッタョ!」
ひさびさに「もっ一回行ってみたい!」
と思わせてくれました。

仙台で牛タン喰って、お昼過ぎに乳頭温泉郷へ向けて出発!
前回書きましたが「名物に旨いもん無し。」と申しますが
牛タンは美味しかったね! 「ウン、」「ウン、」
とま~車中は良い雰囲気の他愛の無い会話がしばらく。

「牛タン、初めて喰った奴は偉いわな。」
「なんで。」
「なんでって、牛のベロやで。」
「閻魔さんも、真っ青てなもんやで!」
「喰ってみよ?て思うのが凄いやんけ!」
「よほど喰うもんに困ったんやろな。」
「そう思うと可哀想やったんやろな。」
「グスン。。。」
「だから感謝せなあかんぞ!」
「こやって家族旅行に行けて。」
「うん、判った。」
「新しい発見、ていうのは必ずしも恵まれた環境では生まれんもんよ!」
「逆にハングリー状態の方が生まれやすい!」
「そんなもんよ。。そんなもん。」

 普段の旅行中の車中の会話はあんまり賢いもんではないですが、
今回は「エエ感じやね!」

 そうこう言ってるうちに山奥へ。
雪が降ってくる。
周りは「雪の壁」
愛車を4WDに切り替えてドンドン山奥へ。
普段、単なる大食いの愛車も今回は逞しい。
昼間なのに気温は-5℃(まだまだ下がる)

しかし雪とあんまり関係の無い地域で育った我々は、
「雪=ロマンティック」と単純に考えます。
歌の世界でも「雪=ロマンティック」が定番ですなっ。
しかし車の運転だけでもいつも間にか、
「必死のパッチ状態。」
居住されてる方は大変ですね。
御察しいたします。

この鶴の湯も「マイ除雪車」を所有されていて毎日道の整備をされてるそうです。

「必死のパッチ」も鼻血まで出そうになりながら到着。
外は大雪。
思わず「タオルでホッカムリをする。」(※タオルを頭から被りアゴで結んだ状態。)

「必死の形相」に「鼻血」そして「ホッカムリ」

そこまでさせるか「おい!鶴の湯」

受付(宿帳ってやつ)を済ませ温泉の説明をしていただく。

「いや~すごいね~~」
露天風呂が5~6あります。
色々泉質があって。。
そのほかに内風呂も。
でも有名なのは、
野原にド~ンと「大きな天然露天混浴・乳白色温泉」ですな!
温泉の感想は後で。

お部屋に案内される。
パンフレットには「近代設備はございません。」と。。。
入って第一声、
「ほんまや~~」
裸電球。裸電球。小さなシェード(傘)
50x40cmぐらいの
折たたみテーブル(ちゃぶ台)
漫画、巨人の星で父ちゃんがヒックリ返すやつです。
「おお~ぅ、レトロ!」
「ワンダフル! ビューティフル!やね。」
湯治の雰囲気。
これは癒される。
いや、嫌でも癒される。
断りきれない癒しのオンパレード。

テーブルの上に大学ノートが一冊。
「旅の想いで」てやつ。
ナニナニ。フムフム。
フンフン。
「たまに大胆なお嬢さんが、スッ裸で・・・・・」

「なっなに~~っ!」


「はっ、はっ、鼻血~~っ」


    次回に続く。。。。

おあとがよろしいようで。。。。byごん太

(注、「更新するまで注文は控えます。」の脅し&脅迫はご勘弁ください。)100_7444.jpg

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。