まいどっ!

雑貨屋店主「ごん太」の日々のつぶやき・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様からのお便りから・・・その1。

 「ほんまっ、ぼちぼち梅雨です。」

 今回は「お客様からのお便りから・・・」と題して、その1。
(このブログには返信できませんが、お問い合わせ欄から色々多数いただきます。)

「まいどっ!ごん太さん。
イマンの商品のアイテムの増え方に少々疑問を覚え、付いていけない感じがします。
男性のごん太さんから見てどんな印象をもたれてますか?
取扱店さんに対して変な質問ですが率直に聞いてみたいと思いました。」

 フムフム。(まいどっ!ではじまっとる。関西人か? そんな事はどうでもよい・・・)

 このご質問の答えになっていないかもしれませんが、個人的な印象、をこの場でお話しする「キッカケ」とさせてください。

 「イマンの商品が好きで、そこそこ揃えてきたが行き詰まってきた。」
「ご自分の目指す方向でなくなってきた?」
そんな感じかな?

 実店舗でお客様とお話していても、よく聞くパターンですね。

 要するに「メーカー依存」になりすぎているわけですね。

「こっ、これに関しては常々不思議に思っております!!!」
「既に。」

(決して今回はイマンを、イマンフリークを「やり玉」に上げてるわけではございません。あしからず・・・)

 カントリー雑誌等を見ておりますと、
「部屋中、イ・マ・ンーッ!」てな感じでイマン商品をただ並べ倒してるお宅を結構見かけます。
 「まとまってる」というよりも、
「カタマッテル??」という感じの印象を持ちます。

 雑貨のインテリアで、特にカントリー系で、
「ハイ!これが正解!」そんなものは無いとは思いますが、

「こんなインテリアは日本人だけ。」
だと思うんですけど・・・・
(フランス人もビックリ! 金満大国日本!チャ、チャ、チャ!??)

 例えは適切でないかもしれません。
 宝石のダイヤモンドがお好きでも、全てダイヤにしてはいけません。
素敵なダイヤをさらに引き立てる、「何か」が必要ですよね。
それは素敵な洋服であり、靴であり、知性溢れる口調であり・・・等々

「好きな物」という観点で雑貨選び。
「アレと、アレと、アレ。」

一見、バラバラ。
でもそれを自分色にまとめる楽しみ。
それが雑貨生活の醍醐味。

 だからOLIVEは「何でも屋の主体性が無い店。その代わりに、メーカー依存にもなりたくない!」

極端かもしれませんが、

「イマンのシャルロットが大好きです。」
「そのシャルロットをアメリカンカントリー&ナチュラルカントリーのインテリアで自分なりに楽しむ。」
 大好きな雰囲気です。
(誰や!センス悪い言うてんのは??)

イマンのホーローばかりで冷たい感じのお部屋になってませんか?
イマンをこよなく愛して、永く愛するには、
ホーローをホーローとして、
薔薇を薔薇として、
「個性を引き出してやる。」
「埋没した隠れた個性も引き出してやる。

「雑貨に対する雑貨。」

それは「ティアラのバスケット」であり、

「華集のキルト商品」(未掲載たくさん)であり、

 レース・ドイリー・ジャグカバー(各未掲載たくさん)であり、

各木製品、ディスプレイラックであり、


     それは「家族の愛で守られた貴女のように。」

      
            (今回も決まった! 初夏の日にbyごん太)
スポンサーサイト

でっ、GWも終わりまして・・アントステラ

 こんばんわ。

たまには更新しないと、これでも楽しみにしてくれてる方もいらっしゃるので。

もーっ、本当に早いです!月日の経つのは!
こんな仕事してると(時間に追われる毎日)
特に早い!

もう暫くすると「梅雨」やね。
梅雨を前に「たまには雑誌広告を!」と思って、只今書店に並んでる「素敵なカントリー・夏号」に広告を掲載しました。
見てやってください。

雑貨業界は相変わらず「ナチュラルカントリー・ブーム」
あまり季節感無く年中楽しめるのも人気の理由かもしれませんね。

このナチュラルカントリー・ブームの影響で、アメリカンカントリーから「足を洗う」カントリー雑貨屋さんが目立ち始めました????

当店は「USEDカントリー雑貨の老舗」としてアメリカン・カントリー雑貨を売って、ナチュラル・カントリー雑貨に模様替えをしたい!
そんなお客様から問い合わせを沢山いただいているのも事実。

そんな部分からもナチュラルブームが見て取れます。

しかし、しかしでござる。

そのUSEDでも「アメリカンは良く売れます。」
(イマンお宝が出たときの「ハンター」の敏感さには負けますが)
根強くアメリカンファンがいる証拠です。

「カントリー雑貨屋さん!
  アメリカン・カントリーを辞めてはいけません!!」

「何かに拘りを感じて始めた雑貨屋!
        あまりに早い身の振り方は疑問です!」

「序々にジワジワと感じる、アメリカンの波・波・波。」

「根強さ。 根強さ。  根強さ。」

「視線を感じる、感じる、感じる、痛いほど・・・」

「むっ、むっ!」

「そこに居るのは!」

「アント・ステラ!」(ステラおばさん)

 ということで今回の話題(前説が長い・・)

「㈱アントステラ」でやんす。


「ねえ、ごんちゃん! ステラおばさんは実在したの?」

と云いますか、創設者のお婆ちゃんですな。(詳しくは知りません)

このアントステラ、カントリー雑貨業界の老舗、大御所であることはご存知ですな。
立役者としてもご立派。

しかしながら会社としての実績の「約90%以上はクッキー&ケーキ製造販売」ですな。
(子供服も有名だったのですが、これば一種の「ブランド貸し」でして会社としては殆どノータッチ。
全くの別の会社がやってたことですな。)

そのアントステラの今年のカタログを開いてもナチュラル・カントリーブームの影響、足跡はクッキリ残っております。
(4年ほど前のカタログ内容とは比べ物にならないです。)

「複雑な心境やね。」

「アントステラさん、もっと我道を走りなはれ!」

「あんたの道を走りなはれ!」

「ステラおばさんを迷わせてはいけません!」

「麻素材で星条旗を作るようなマネはいけません!」

「もっと!もっと! 濃い~っ、のを!」

「そんな貴方を待ってる、根強いアメカン・ファンは待ってます!」


 ということで伝統のペンシルベニア家具も全品廃盤になり、
今後の方向性の見えにくいアントステラのお話でした。
(でも、某アンファン潜ったまま浮上しませんな・・・沈没の噂も。)

でも! でも!

「何でも屋・OLIVEはアメカン雑貨、辞めません!」

「もっと、濃い~っの!」

皆でアントステラを応援しましょうよ!

でないと、クッキーとケーキだけになっちゃうよ!

「ステラおばさん」なんていうキャラクター持ってるのは、この業界でアントステラだけですから・・・!

気持ちよく梅雨を終わってハロウィーンも始まりますので、アントステラを応援しましょう!

 今回はこんなところで・・・・・byごん太

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。