FC2ブログ

まいどっ!

雑貨屋店主「ごん太」の日々のつぶやき・・・

メーカー裏話。今回は、「ティアラ」ですねん。

 こんばんわ。

メーカー裏話。今回は「ティアラ」

はい、このティアラ、最近雑誌等にも登場する
「金沢夫妻」の会社です。(子供も「シュシュデマム」親子ペアルックブランドのモデルで登場)

この会社のエライとこ。
「消費者の目線」「主婦の目線」ここやね!

「ナチュラルカントリー」の立役者でもある。

「なんかしら、可愛い・・・」
「なんかしら、欲しくなる・・・」
「なんかしら、生活に密着・・・」
「なんかしら、イメージしやすい・・・」
「なんかしら、夢見やすい・・・・」
「なんかしら、買いやすい(安い)・・・」
ゆえに、
 「なんかしら気になる・・・・から買ってしまう。」

まさに「何かしらのお店(会社)(メーカー)です。」

ほとんどの商品は海外生産(東南アジア・中国)されているようで品切れが多いゆえに納期もまばら、、、、
待っているうちに「廃盤」なんていうのも有るような無いような???

でも、その海外生産が上手なので「手頃な価格で良い物が多い」のも事実。
確かに東南アジア・中国で生産すると、
人件費が安いため安く生産出来る。

しかし、これらの国は「カントリー雑貨」なんて文化に疎いのも事実。

安さにまかせてデザインまでさせたら「とんでもない物体」ができあがるのも、これらの国の凄まじいところ。

また、ちゃんと指示すれば技術力向上がめまぐるしいのも事実。
(だからブランド物のバックのコピーも作っちゃう???)

だから、今のティアラになるまでには大変な努力だったと思われます。
「ティアラ信者も急増中!」てなわけ。

ただ、やっぱり若干の不良品が多いのも事実。
 (当店は徹底的に検品して販売しますのでご安心を!他店は知らないよ!)

それと某zakka BOOKでも有名。
「誌面に出てもメーカー在庫無し。」
「お店にも在庫無し。」
ここでも、
「なにかしら、在庫無し・・・」
の常連さん。

主に展示会は毎年2月と9月。
ほとんど第一回目の入荷分は「受注生産的」です。
展示会で注文しないと入荷しない店が続出。

その後の反響で「継続生産?」「納期未定・廃盤」などなど。

だから入荷する商品は「半年以上前の受注分」
なんてことも多い。

だからzakka BOOKに載っても「在庫無し」

でもzakka BOOKで注文しても「2~3ヶ月待ちはザラ」なんです。

でもメディアの怖いところは、
「zakka BOOKに載ってるのに、この店には無い!」
は、「遅い店」
と認識されるところ。

「zakka BOOKなんて~~大キライだ~~っ!」
「送料高いくせに!」
「在庫もしないで~~っ!」

でも「ティアラ」の商品は今後も大注目です!100_8207.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakkaolive.blog43.fc2.com/tb.php/10-bb1eca9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)