FC2ブログ

まいどっ!

雑貨屋店主「ごん太」の日々のつぶやき・・・

 でっ、どうよ! イマンお宝

 さっそく、「次を、早ょ書かんかい!」
とお叱りのメールをいただきまして。

 私なりに「イマンお宝事情」と称してお話いたします。

まず、もう「お宝」だけを狙っても成果は薄いということです。

イマン・フリークの皆様でしたらご存知のように、
一昨年の11月からイマン商品が約20%値上げされました。

コレが大きなポイントです。

お宝は、お宝にも関わらず「現行商品よりも20%も割安。」

といっても過言ではありません。

現在、全国にイマン販売店は約150店舗。
その中でコンスタントに「毎月何らかの商品を注文、入荷、販売」をしているお店は「約50店舗前後」との噂・・・・

その中で実際に「お宝」を持っている店、持っていない店。
色々あると思います。
でも前記しました「20%値上げ」の時点で、
「普通に店頭で、」
とか、
ネット上でとか
「不特定多数のお客様に、ハイ!どーぞ」
の商品ではないわけです。

では、どうするの?

「特定のお客様に優しく耳打ちする商品」
なのです。

あくまでも個人的な意見ですが、、、

それだけを探しに問い合わせを受けた際に、
「ハイ!ございます。」

という商品ではないです。

 では、どうしたら手に入るか?

前記しましたように、
「持っている店」
「持ってない店」

どこが、どう、とは言えませんが、

「実店舗」でも「ネットショップ」でも、

「ここぞ!」と思う店と、

「トコトン付き合うことです!」

「昔ながらの「行きつけのお店」を持つことです。」
(昔はあったでしょ! 何故か何でも頼める店)


例えは良くないかもしれませんが、
焼肉屋さんで、「特別な肉」「裏メニュー」
を出してもらえるような感じ。デスデス。

少なくとも当店では、
「当店をキッカケにイマンを好きになり、」

たとえば「ダイアナが生活の一部に・・」

そんなお客様がいらっしゃいます。(当店でも!)

「耳打ちする義務」

「お譲りする義務」

「コレクションしていただく権利」

があると思います。

☆それが、「非売品は定番化しない!」

     「限定品はもう作らない!」

 「かたくなに社風を貫く、

      イマンに対する最大なる敬意」

            だと感じる。春の日に。

 おあとがよろしいようで・・・・byごん太
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakkaolive.blog43.fc2.com/tb.php/8-898ee069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)